WS Flash Masta

ワンダースワンのフラッシュカートリッジの「WS Flash Masta」が届いた。
c0323442_21233651.jpg
今回届いた物は、開発途中の"WS Flash Masta"な位置づけです。
なので開発者さんの通販ショップには並んでません。
・開発途中でもOKな人で
・開発にテスト協力できる人や
・意見交換する人を探す目的 だと思います。
「私はプログラムなど難しいことは参加出来ないけど、テスト動作は参加できますよ。」な感じで書きました。
近い将来、完成したWS Flash Mastaが通販ショップに登場すると思います。



現状(2016/5/28)バージョンでできること。
・15本のゲームが書き込める
・セーブが保存できる
・パソコンとUSB接続


-----------------------------------
到着した物

c0323442_21250192.jpg
・WS Flash Masta基板
・Micro USBケーブル
・おまけのネオジオポケット基板キーチェーン


WS Flash Masta基板の表裏

c0323442_21250155.jpg
c0323442_21250139.jpg
・USB接続口
・MicroSDスロット
・電池
特徴的なのが、基板サイズと厚み。
実カートリッジサイズです。
WS本体のカートリッジ差込口に基板のままジャストフィットします。
実WSカートリッジケースに収めることは不可能です。
さすが開発基板。


-----------------------------------
パソコンと接続してデータを読み書きします。
MicroSD挿せますが、現状利用できません(?)。


-----------------------------------
まずは、ドライバのインストール(私はwin7-64bitパソコン)

0.Flash Mastaのサイトからファイルをダウンロード
  ・FlashMasta_Win_64bit_1-21-16.zip
  ・x64 (64bit) MS Runtime Redistributable Package
  ・WS Flash Masta Menu ROM
 また記述リンク先からも
  ・Zadig

c0323442_21374700.jpg
c0323442_21374762.jpg


1.WS Flash MastaとパソコンをUSB接続

c0323442_21250114.jpg


2.ドライバのインストールに失敗又はインストされずに、デバイスマネージャーでは不明デバイス

c0323442_21374701.jpg


3.zadig_2.2.exe起動させる。アップデートチェックは無視(No)

c0323442_21374732.jpg
c0323442_21374755.jpg
4.上部タブで「WS Flash Mast USB」自動選択または手動で選択
 もしタブが空白だったら、[Options]-[List All Devices]をチェックする
c0323442_21374841.jpg
5.下の[Install Driver]をクリックして、USBドライバをインストールする
c0323442_21374845.jpg
c0323442_21374867.jpg
6.インストール完了
 zadig及びデバイスマネージャーで認識している
c0323442_21392611.jpg
c0323442_21392627.jpg


-----------------------------------
FlashMastソフトを起動


FlashMast.exeダブルクリック

c0323442_21392692.jpg
c0323442_21392680.jpg
c0323442_21392662.jpg
問題なければ、WS Flash Masta基板を認識し、カートリッジ情報を表示する。
起動に失敗したら、vcredist_x64.exe(x64 (64bit) MS Runtime Redistributable Package)からランタイムをパソコンにインストールする。


カートリッジ情報では、
・ゲームスロット:16 (メニューに1つ使用するので、ゲームは15個)
・カートリッジサイズ:1Gbit (64Mbit*16slot=1024Mbit=1Gbit)
・フラッシュチップサイズ:1Gbit
・SRAMチップサイズ:4Mbit


スロット1は、メニューのデータ用です。
現在のバージョンは、swanmenu_5-13-16.wscです。


試しにスロット10にゲームを書き込んでみる。
タブのスロットは、1から16です。
タブから[Slot 10 - Unkown]選択、[Flash Game Data]選択。
WSのゲームファイル選択すると書込み開始。
書き込みには非常に時間掛かります。

c0323442_21392603.jpg
c0323442_21392671.jpg
c0323442_21392600.jpg
書き込みが完了すると、書き込んだゲーム情報が表示されます。
FlashMast.exeソフト内のデータベースから表示されるようです。
c0323442_21431399.jpg
書き込んだゲームがちゃんと書き込めているかチェックします。
[Verify Game Data]をクリックするとベリファイが実行されます。
しばらく待つとベリファイ結果表示。
c0323442_21431357.jpg
スロット選択中のゲームのセーブをパソコンに保存してみる。
[Backup Save Data]選択、保存先&ファイル名を決める。
しばらく待つと、パソコンにセーブデータが保存されます。
セーブデータは、拡張子.wsfで32Mbit(4Mbyte)と大きいです。
c0323442_21431363.jpg
c0323442_21431300.jpg
c0323442_21431334.jpg
c0323442_21431332.jpg
セーブファイルをパソコンからWS Flash Masta基板に書き込んでみる。
[Restore Save Data]選択、ファイル選択。
しばらく待つと、パソコンにセーブデータが保存されます。
c0323442_21431356.jpg
c0323442_21431329.jpg
c0323442_21431381.jpg


-----------------------------------
WS本体で動作確認

WS Flash Masta基板をWS本体に挿す。

c0323442_21250109.jpg
電源オンで、メニュー表示。
スロット表示は、0から15です。
パソコンのFlashMastソフトは、1から16ですから1つずれてます。
ゲーム名は表示されてません。
スロット0はゲームメニューに使われています。
c0323442_21250221.jpg
スロット9を選択、ゲーム起動した。
セーブも保存されました。
c0323442_21250262.jpg
c0323442_21250267.jpg
6個ほどゲームを試しましたが、全て起動して遊べました。


-----------------------------------
今後、
・メニューにゲーム名が表示されると嬉しい
・セーブファイルがゲーム毎に小さく正規サイズか、トリムされると嬉しい
・書き込みできるゲーム数が増えると嬉しい、16オーバー
・MicroSDが利用できると嬉しい


ワンダーウィッチのHomeBrewマルチゲームを除き。
たぶんワンダースワン初のマルチゲームカートリッジだと思う。
今後、大いに期待です。


[PR]
Commented by 名無し at 2016-08-12 20:00 x
エバー○ライブみたいに扱いやすいものになると良いですね。
今のままでは非情に面倒臭そうです。
(使い方が)EDGBみたいなタイプだと食指も伸びるのですが。
開発がこれで終了というわけではないようなので今後を楽しみに気長に待ちますが。
Commented by あやすけ at 2016-08-14 21:29 x
everdriveみたいに・・・って会話してると、everdriveで登場するかもね。メジャーレトロカートリッジは、MSX,WS,NGPとか残り少ないから。
Commented by 名無し at 2016-08-27 21:49 x
WSFlashMastaの開発が終了したようで、正式版として販売が開始されたみたいです。相変わらずSDカードがどういう風に使うのかわからないのですが…。
試験版から完成版までの期間が短かったのでエバドラみたいなものは期待しないほうがよさそうですね。

ところであやすけさんの持ってるスワンクリスタルがやたら安いですねw。僕は直撃世代ですが、レトロゲームブームの最中に買戻したので10Kしましたw。
Commented by あやすけ at 2016-08-29 14:10 x
Finally Availableは、開発終了の意味なのかな?最終販売形態なのかな?よくわからないですね。別のプロジェクト書いてる位だから、WS開発が進んでないのは事実っぽいね。
by ayasuke_aya2 | 2016-05-28 21:52 | ワンダースワン | Comments(4)