TAITO G-NET

c0323442_21581335.jpg




c0323442_21581352.jpg
c0323442_21581301.jpg
c0323442_21581373.jpg
c0323442_21581332.jpg
c0323442_21581371.jpg
c0323442_21585203.jpg
c0323442_21585235.jpg
c0323442_21585243.jpg
c0323442_21585230.jpg
c0323442_21585355.jpg


------------------------------------------------

c0323442_21585345.jpg
c0323442_21591729.jpg
c0323442_21591784.jpg
c0323442_21591879.jpg
c0323442_21591844.jpg
c0323442_21591808.jpg



[PR]
Commented by ARM at 2015-09-01 10:27 x
これって2009バージョンと2011バージョン2種類ありましたね
後期の2011バージョンはTAITO FXのROM版の一部が起動可能ですね。
サウンドチップがZOOMの物が対応でYAMAHAは対応していない。
でも音なしなら起動出来そうな感じがするのですが・・・
Commented by あやすけ at 2015-09-02 18:44 x
私の知ってる範囲では、2011は商売版しか見当たらなくて、2009は無料データ公開されてる。
私のは2009版で、M27C800を1個300円、データ書込み1個300円、CFが500円、CFアダプター100円。とまぁ、2,000円以内で収まってます。

>後期の2011バージョンはTAITO FXのROM版の一部が起動可能

前確認した時は、対応ゲームは他機種コンバートを含め、商売ページ2011と無料データ2009のとこと同じだった記憶です。コンバートROMは、バグフィックスされてるかも知れませんから全く同じではないですが、対応数は同じでした。
というか、サウンド対応に違いがあるのは初めて知りました。
Commented by ARM at 2015-09-03 09:57 x
2011と2009は同じなのですね。
知りませんでした。
2011の方が起動するソフトが多いのかと思いました(笑

でもコンパクトフラッシュの相性は悩まされる・・・
Commented by あやすけ at 2015-09-03 17:26 x
>2011と2009は同じ
修正はされてると思いますよ。
CF書込みソフトもv1.60→v1.70だし。

CFについては、サンディスクしか動作しませんでした。なので、オリジナルFWでサンディスクのみ動作する仕様かなぁー、それでMOD FWも同じなのでは?
by ayasuke_aya2 | 2015-08-28 22:02 | Arcade | Comments(4)