3DOで遊ぶ

日本では、1994年3月インタラクティブ・マルチプレイヤーとして、Panasonic 3DO REAL発売。
もう20年も経つんですね。
1994年から2年半という短い期間にゲームソフトが発売されて終わっちゃいました。
しかし発売されたゲーム数は、洋ゲーを中心に約211本も発売されたんですね。
「ゲームじゃない」ってのも混じってますが、以外に多いゲーム数だと思います。

本日は休日でしたので、今更なんですが3DOで遊びました。




先月1月に購入した「3DO USB Host Controller」(3DO USB Adapter)を3DO本体に組み込んでみた。
c0323442_051450.jpg

3DO FZ-10用を購入した
c0323442_052492.jpg

基板表と裏
c0323442_053739.jpg
c0323442_054620.jpg

手持ちの3DO FZ-10を解体します
c0323442_055957.jpg
c0323442_06841.jpg
c0323442_061538.jpg
c0323442_062232.jpg
c0323442_063236.jpg
c0323442_06396.jpg
c0323442_064734.jpg

基板を取り外す
c0323442_07148.jpg

ここからは後戻りできません
IC660(MN1882410)のチップを取り外す
c0323442_071187.jpg
c0323442_072064.jpg

IC660とIC680とSW721に16本を配線する
これがまた非常に細かいんですよ
c0323442_14897.jpg
c0323442_072862.jpg

+5VとGNDを配線する
c0323442_074290.jpg

一応配線完了したので仮組
c0323442_075379.jpg

ISOファイルを作成するため
3DOゲームディスクをパソコンに入れる
ImgBurnでISOファイル作成
USBメモリにISOファイルコピー

USBメモリをセットして、電源オン
Loaderメニュー画面表示
ISOファイルも表示
c0323442_08877.jpg

USBメモリからゲーム起動できた
c0323442_082133.jpg
c0323442_08347.jpg

起動確認できたので、配線仮止めテープ外して、ホットボンド固定
3DO本体組立て
c0323442_084758.jpg

もう少しゲームのISOファイルを増やして、最終確認
無事ISO化したゲーム全部起動した
c0323442_085951.jpg
c0323442_093878.jpg


利点
・ドライブの雑音が無い
・ディスクの出し入れ不要
・ピックアップの劣化が無い

欠点
・今更3DO
・3DO USB Host Controllerは2万円と高価
・はんだ作業が大変
・フォーラムがロシア語

まとめ
ド素人さん曰く「PCE-ROM2だったらいいのに」
その通り!PCE-DUOのドライブがUSB化できたらすごく嬉しいのに

3DO USB Adapterこれはこれで満足してます
デジタルコミックの「武TAKERU」など、読み込みストレスがなくなってとても快適です
[PR]
by ayasuke_aya2 | 2014-02-12 00:13 | 3DO | Comments(0)