ばくてんさん製作の「RGBtoコンポーネント変換基板」を購入しました。
これはレトロゲームのRGB出力をコンポーネント出力に変換する基板です。


レトロゲームを綺麗な画面で遊ぶには、RGB出力が必須です。
しかしながら現在RGB入力に対応したテレビを入手する事は困難です。
今でも中古入手可能なものがソニーのWEGAにマルチAV端子の付いた物です。
最近のテレビではRGB対応テレビはありません。
最近はHDMIが主な映像入力となっていますが、たいていのテレビにはまだD端子は付いています。


日本のテレビで、コンポーネントはコンパクトな端子である「D端子」になってます。ちなみにデジタルの「D」じゃなくて、端子の見た目形状が「D」に似ているから「D端子」です。


これが届いた基板です。

c0323442_14081216.jpg



続きを読む
[PR]
by ayasuke_aya2 | 2016-10-15 14:23 | レトロゲーム | Comments(2)