PCエンジンAVブースター(その2)

c0323442_13525292.jpg


楊子平@hn12v1_jpさんに改良アドバイスをもらったので実践してみた。

アクリル板に挟んでケースにしてみた。





楊子平さんは、当ブログの基板画像からリバースして回路図を作成されました。
凄いね。画像見ただけで、こんな事できるんですね。

c0323442_13534901.jpg
c0323442_13534943.jpg

その楊子平さんからの修正と改善案を実施してみた。
ただ技術の無い私では全部は無理、できることだけ改善してみた。


1)音声系統の電解コンデンサ3個の極性プラスとマイナスの向きが逆
マジか、基板配線を追うと確かに向き反対やん、よく音が出てたもんだ
はんだ吸い取って正しい向きに替えました

c0323442_13535080.jpg

2)音声系統の電解コンデンサ2個にまたがってる抵抗値が低い
実基板100Ωを、18kΩ~56kΩ範囲で説明画面のように調整
私は、調整せず33kΩに変更しました

c0323442_13535025.jpg


3)コンポーネント信号を改善
実基板抵抗の100Ω、36Ω、36Ωを、抵抗91Ω、0Ω、27Ωに替える

c0323442_13535048.jpg
チップ抵抗が小さすぎて交換するスキルが私には無い、場所の他の部品に囲まれて狭い
代替案として、実基板抵抗の36Ωを撤去してショートする
これなら私にも出来るのでショートだけ行って改善
c0323442_13535056.jpg

4)簡易Sビデオ出力の実装
コレぐらいなら私にも出来る
基板裏で配線、その方がはんだし易いし汚いはんだ付けを見なくて済む
セラミックコンデンサは調整交換できるようにソケット式にした

c0323442_13535052.jpg

5)コンポーネント用外付け電源を、PCエンジン本体拡張バスから電源にする
これも基板裏で配線、またはんだし易いポイントを探してはんだ付け

c0323442_13535162.jpg

6)以上の改善案に加えて、RGB接続をソニーマルチAV接続を加えた
プラグ6個接続は嵩張り過ぎるので、ソニーマルチAV1本で繋げるようにした

c0323442_13550669.jpg


改善案完了
基板表

c0323442_13554769.jpg
c0323442_13554750.jpg
c0323442_13554827.jpg
c0323442_13554848.jpg

基板裏
c0323442_13554871.jpg
c0323442_13554991.jpg


アクリル板に挟んでケースにしてみた

c0323442_13563214.jpg
c0323442_13563392.jpg
c0323442_13563369.jpg
c0323442_13563430.jpg
c0323442_13563473.jpg

ラベル作成して貼る

c0323442_13563471.jpg

PCエンジン本体と接続

c0323442_13571683.jpg

映像確認
RGB

c0323442_13571611.jpg

簡易Sビデオ
c0323442_13571764.jpg

コンポーネント(525i)
c0323442_13571740.jpg

コンポジットビデオ
c0323442_13571857.jpg

----------------------------------
楊子平さんのおかげで凄くよくなりました、感謝です。
特に音声は耳おんちな私でもめっちゃ良くなった事がわかります。
コンポーネントも微妙ながらクッキリした感じです。



[PR]
by ayasuke_aya2 | 2017-03-26 14:03 | レトロゲーム | Comments(0)