NAOMI Arcade Box その4

NAOMIは1998年(15年前)に登場したアーケードゲーム基板です。
家庭用ゲーム機のドリームキャストとのアーキテクチャを共用してます。
ゲームは、ROM基板とGD-ROMの形式でリリースされています。
ゲームは、ロム基板のみ・GD-ROMのみ・両方リリースのパターンがあります。
上位基板でNAOMI2も登場しました。
アーケードで10年以上ゲームがリリースした優秀な基板です。
数多くのゲームがリリースされています。

まずは、NAOMIマザーボードの大きさ確認。
旧PS3とほぼ同じです。
PS3はこれだけでゲームできますが、NAOMIはこれだけでは遊べません。
c0323442_194563.jpg
c0323442_195620.jpg


NAOMIの基本構成を紹介



c0323442_110166.jpg

・マザーボード
上面にROM基板や拡張基板をセットします。
VGA映像出力や音声出力があります。
写真のマザーボードはNAOMI2です、現在10,000円くらいです。
NAOMIマザーボードは3,000円くらいです。
NAOMI2専用ゲームは数本なので、ほとんどのゲームはNAOMIで遊べます。
安くNAOMIを買うのもよいかも。
BIOSのバージョンは新しいほうがよいです。
古いと動作しないゲームもあるそうです。
c0323442_1364486.jpg
c0323442_1365494.jpg

・電源
写真の電源はPC用電源を流用してます。
専用電源は、セガコンバーターやカプコンコンバーターがあります。
専用電源は、電源とI/Oボードが一体化しています。
カプコンコンバーターの方が安く売っていますが、GD-ROM電源がありませんので注意です。
以前は数万円もしましたが、現在中古で3,000~10,000円ほどです。
今から買い揃える方は、セガコンバーターを買うのがよいかも。

・I/Oボード
JVS基板やJAMMA変換基板とも呼ばれます。
NAOMIマザーボードとUSB接続し、ボタン入力などを通信します。
JAMMA、拡張、アナログ入力を扱います。
6ボタン(キックボタン)やマージャンボタン、ハンドルやアクセルのアナログ入力を扱います。
c0323442_137763.jpg
c0323442_1371670.jpg
c0323442_1372824.jpg

・DIMMボード
ROM基板以外の外部入力とマザーボードを接続する拡張基板です。
上面にセキュリティーチップをセットするところがあります。
側面にSCSI接続口があり、GD-ROMドライブと接続します。
LAN端子有るものと無いものがあります。
c0323442_137449.jpg
c0323442_1375840.jpg

・GD-ROMドライブ
GD-ROMディスクを読み込みます。
空冷ファンが付いています。
ゲーセンで酷使されていたため、稼動音が非常にうるさいです。
ドリキャスのドライブユニットと丸ごと交換できます。
私は105円で購入したドリキャスのユニットと交換し、グリス塗りしています。
これでかなり静穏になります。
空冷ファンを静穏なものに交換すると更に静かになるでしょうね。
c0323442_138142.jpg
c0323442_1382547.jpg

・ROM基板
ゲーム基板です。
たぶん起動の待ち時間はほとんど無いのでしょうね。

・GD-ROMディスク
ゲーム起動までに時間が掛かります。
メモリーチェック→ディスク読み込み→メモリーチェック→ゲーム起動。
同じゲームの2度目の起動なら、メモリーチェック→ゲーム起動と早くなる。
ドリキャスと同じ規格です。
ドリキャスと同じ方法でゲームを吸出しできます。

・セキュリティーチップ
ディスクなどの複製防止用かな。

-----------------------------------------------------
通常の2種類の起動構成

ROM基板の構成
マザーボードにROM基板が乗ります。
私はROM基板を所持してないので、画像にはROM基板映ってません。
c0323442_1104482.jpg

GD-ROMの構成
c0323442_1105869.jpg


-----------------------------------------------------
拡張基板からの起動構成
GD-ROMの構成(上のと同じです)
c0323442_1111276.jpg

NET BOOTの構成
NET BOOTチップを搭載します。
LANケーブルでパソコンと繋ぎます。
パソコンよりゲームイメージを転送してゲームを起動させます。
ゲームディスクを交換する必要がありません。
パソコンが無いと転送出来ません。
GD-ROMドライブが無いので静穏です。
c0323442_1113470.jpg

CF BOOTの構成
CF BOOT(NET & CF BOOT)チップを搭載します。
CFアダプターをSCSI接続します。
CFを挿します。
ゲームソフトの場所をとりません。
GD-ROMドライブが無いので静穏です。
写真では電源コネクタが未接続ですがCFアダプターに電源供給は必要です。
DIMMボードに1本配線を加えて、SCSIケーブルから電源供給する改造方法もあります。
c0323442_1114541.jpg


NET BOOT及びCF BOOTはもともとある純正機能を改造しているんだと思います。
純正機能について検索しても、情報はなかなかでてこないです。
CFアダプター(CF BOX)はセガ純正の物があり、マージャンゲームとかに搭載されたらしい。
CF BOXは海外で高値(4.5万円くらいだったかな)で売られています。
CF用アップデートディスク及びCFのイニシャルDゲーム付きで売られてます。
NAOMIには、SYSTEMSPというCFを使ったゲームリリースがありますが、CF BOXとは別基板です。
[PR]
Commented by ササキ at 2013-12-31 08:47 x
こんにちは
ナオミの導入の参考になりそうです
ありがとうございます

GD-ROMドライブがSCSI接続ということは直接パソコンと繋いで吸い出すハックがありそうですね
Commented by あやすけ at 2013-12-31 09:30 x
ども、ササキさん。
購入時は、BIOSちゃんと付いてるか、ケーブル付属しているか確かめるのが重要ですね。足らない部品をあとから調達すると、とても割高で手間がかかります。
Commented by なべ at 2017-09-04 22:51 x
SCSIケーブル
JAMMAコネクタ
VGAケーブルは市販のものでもいけますか?
Commented by 通りすがり at 2017-09-16 06:39 x
市販のもので利用できますよ
by ayasuke_aya2 | 2013-12-31 01:20 | Arcade | Comments(4)